格安葬儀マニュアル|葬儀費用を安く抑えるコツ

 

格安葬儀社 比較

資料請求で割引

火葬式

一日葬

家族葬

 

148,000

 

278,000

 

398,000

 

 

175,000

 

335,000

 

595,000

 

180,000

 

480,000

 

480,000

 

193,000

 

343,000

 

493,000

 

 

193,000

 

343,000

 

493,000

 

葬儀社は資料請求したら、「その葬儀社に依頼しなければいけない」と考える方が多くいらっしゃいますが、キャンセルも当然できます。

 

後悔がないよう、じっくりとお考え下さい。

 

どこにしよう?と迷ったら、『 一括見積もり 』を活用してもよいでしょう。 あなたの地域の優良葬儀社を最大10社比較することができ、一番安い葬儀社を、入力1分で簡単に無料見積もりしてくれます。【全国24時間365日対応】

 

葬儀社一括見積もり

 

格安葬儀はこんな方に選ばれています

 

必要のない儀式を省き、低価格なお葬式を行いたい


 

費用は少なくても、実績のある葬儀社で、きちんとした形式の葬儀でお見送りをしたい


 

家族、故人と親しい人など数名で質素な葬儀を行いたい


 

葬儀費用を安く抑える5つのコツ

激安プランの火葬式でお別れをする

できるだけ葬儀費用を安くしたい人にオススメなのが、格安葬儀が提供している火葬式です。

 

一般的な葬儀で行われる通夜式や告別式を行わないため、経済的な負担を抑え、低価格で見送ることができます。

 

格安葬儀社紹介サービスを利用し資料請求する

葬儀業界の料金体系は、請求されるまで金額がわからず不明瞭で、後に高額な請求をされたというトラブルはよく耳にします。

 

以下に紹介する格安葬儀社紹介サービス経由で葬儀を依頼すると、全国どこの地域でどの宗派でも掲載している料金で収まります。また、無料資料請求で5,000~7,000円割引があります。

 

最低2社以上の見積りを取り寄せる

葬儀社選びで失敗しないためには、最低2社以上の見積りを取り寄せましょう。

 

優良な格安葬儀社を最大10社一括見積が可能で、入力1分で簡単に一番安い葬儀社が分かります。詳しくは葬儀社一括見積もりをご覧ください。【全国24時間365日対応】

 

給付金制度を利用する

故人が国民健康保険などに加入していれば、葬儀費用の補助として、 給付金が貰えます。

 

申請に不備がなければ、2~3週間程度で申請者の銀行口座に5~7万円が振り込まれます。給付金制度を利用することによって、結果的に葬儀費用を安く抑えることができます。詳しくは給付金制度 「葬祭費・埋葬料」の申請と支給をご覧ください。

 

葬儀の生前予約で費用を安く抑える

葬儀の生前予約は、事前のお申し込みで、葬儀費用を安く抑えることができます。

 

例えば、よりそうのお葬式で生前予約した場合、火葬式・一日葬で15,000円の割引、家族葬で30,000の割引があります。詳しくは葬儀の生前予約で費用を安く抑える【早割・事前割引】をご覧ください。

格安葬儀プランの流れ・特徴

※よりそうのお葬式の場合

 

※火葬式の例

よりそうのお葬式 火葬式の流れ お迎え⇒ご安置⇒火葬

※ ~10名までにおすすめのプラン

火葬式では、式をせず火葬のみ行います。

 

火葬式プランはこのような方がご利用になっています。

  • 故人の希望でお葬式にあまり費用をかけたくない。
  • 参列者もご高齢の為、通夜、告別式は行わず、家族だけでお見送りをしたい。

 

 

※一日葬の例

よりそうのお葬式 一日葬の流れ お迎え⇒ご安置⇒告別式⇒初七日⇒火葬

※ 10~20名までにおすすめのプラン

一日葬では、通夜式をせず告別式のみ行います。

 

一日葬プランはこのような方がご利用になっています。

  • 親しい人のみで、形式にとらわれず見送りたい。
  • 遠方の親族や、遺族の負担を極力軽くしたい。

 

 

※家族葬の例

よりそうのお葬式 家族葬の流れ お迎え⇒ご安置⇒通夜式⇒告別式⇒初七日⇒火葬

※ 15~30名までにおすすめのプラン

家族葬では、通夜・告別式を行います。

 

家族葬プランはこのような方がご利用になっています。

  • 通夜、告別式は行うが、家族のみでゆっくりと気兼ねなく見送りたい。
  • 深い縁で結ばれた方で見送りたい。

 

近年、費用を抑えた格安葬儀を希望する人が増えている

 

 近年では、高齢で亡くなる方が多く、そのため、こどもや親戚も高齢で、葬式に参加する人数が揃わないケースも多いようです。

 

少子高齢化・核家族化が進み、かつてのような派手な葬儀をする人は減少し、家族葬や一日葬を選ぶ人が増えています。

 

必要のない儀式を省き、ごく親しい方数名でお見送りする質素な格安葬儀が増えているのも、そういった時代を反映しているとも言えます。

 

 葬儀とは少し違いますが、直葬(火葬式)を選ぶ人も多く、費用を抑えた葬儀を希望する人が増えています。

 

格安葬儀と一般葬儀の費用比較

通常の葬儀にかかる費用 【全国平均】

 

 一般的な式場向きの伝統的な仏教式白木祭壇を使用した例では、セット価格90万円程度かかります。

 

このほか、別料金としてかかる主なものには、霊柩車料金、火葬料、収骨容器、会葬返礼品、通夜等の料理代金、マイクロバス、ハイヤー、式場使用料などがあります。

 

これを合計すると、だいたい全国平均で一般的な葬儀費用は189万円(日本消費者教会調べ)とと高額になっています。

 

 実際に家族を亡くしたばかりの状況では、なかなか費用のことまで気がまわらず、葬儀を終えてみれば高額な費用を支払っていたという声を多く耳にします。日本でも葬儀費用が高額であり、負担に感じている人が多いようです。

 

遺族にとっては悲しいと思う間もなく葬儀の準備が始まり、やらなければならないことが押し寄せてきます。そんなときでも、戸惑うことなく落ち着いて対処するために、ご臨終からご遺体の搬送、葬儀の準備までの流れを順を追って解説します。

家族が病院で亡くなったとき|ご臨終~葬儀の準備までの一連の流れ

 

故人を手厚く見送る事と高額の葬儀代を支払う事とは必ずしも一致しません。

 

 

 葬儀の形式や葬儀の規模、葬儀会社によって費用は違ってきますが、ここでは、そんな高額な葬儀費用を支払う前に知っておきたい、低価格な葬儀スタイルを紹介します。

 

 

葬儀社によっては扱っていないところもありますので、当サイトで紹介している葬儀社を参考に、検討されてみてはいかがでしょうか。簡単で24時間365日いつでも見積もりを取ることができます。

格安葬儀プランの費用詳細と口コミ

トップへ戻る